WILLCOM03のBluetooth2008/09/09 22:51

なるべくワイヤレスで運用する為のお話。

  • 専用充電台
  • Bluetoothアダプタ(PC用ドングル)

専用充電台+Bluetoothで、ワイヤレスで充電と同期が出来るので、WILLCOM03とWindowsPCを同期して使用する人にはお勧め。なによりあのキャップ付micoroUSBコネクタの取り回しの悪さから開放されるので、かなり快適です。

Bluetoothアダプタはいろいろありますが、ちょっと発売時期が古いものなどは、Vistaに対応していても64ビット版はダメとかあるので注意が必要な場合も。自分が購入したものはPLANEX製BT-MicroEDR2でClass2製品の小型アダプタです。これにはBluetoothスタックにBlueSoleilのVer6.03が付属しており、これが64ビット版Vistaに対応していました。

ただ設定は少し判りづらく、そのまま単にペアリングさせても、ActiveSync接続とは認識せず、まず一度COM接続としてWILLCOM03をWindows側に(というかBlueSoleilに)認識させ、その03がBluetooth接続したCOMポートを、PC側のActiveSyncもしくはWindowsMobileデバイスセンターが接続を使う設定を行い、WILLCOM03側で再度プロファイルの再認識をさせることにより、ActiveSyncのプロファイルが03側に出てきます。あとはWILLCOM03側でActiveSyncを起動し、Bluetooth接続を実行すれば、PC側でBlueSoleilが動作していれば、接続から同期までワイヤレスで行えます。

ただ注意点として、03のActiveSyncからBluetooth接続を実行すると、自動的にBluetoothの電源が入るのですが、接続を切ってもBluetoothの電源が入りっぱなしになりますので、同期を終え持ち出す時には確認が必要です。

まぁ今はBluetoothアダプタは非常に安いので、Outlookとの同期を使うならば、用意しておいて損はない環境かと。もちろんエクスプローラ経由で、03側のmicroSDカードにもアクセスできますので、撮った写真のコピーなどにも重宝します。


そういやこっちに書いてなかったので。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://daiworks.asablo.jp/blog/2008/09/09/3753360/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。