それはいつのハナシか2008/07/05 00:57

あるところからメール。

明後日までに…(以下略

えっと、開いた今日が月曜日だから水曜日にってことか…って日曜日に送信されてるよ!しかも真夜中に!

と、メールなんていつ見るかわからんものだし、また流し見して送信日時なんて上にちょろっと出るだけのもんなんていつも見るもんじゃないんだから、重要な特に日時指定の要件は、こういう相対的な表記でなく具体的に書くのがベターじゃないかと思うんだけども。

似たような話で、たまにソーシャルブックマークでも、ニュースサイトでもえらい過去記事がリンク紹介されていることがありますが、紹介元を流し見しててると、その参照先の記事ってわりとつい最近のもと思い込んでみちゃうこうとがあるなぁと。ブログのように見やすいところに投稿日時があれば、気がつきやすいかもしれない…でもそれでも「それはいつのものか」と意識してないと見落とすことがあるし、更にHTML形式の記事だと記載がないとわからない。

とまぁ、それが今紹介されたというか目立つところに上がってきたからといっても、それが今のものとは限らない。そこはちょっと注意しないと的外れなことを言ってしまう可能性があるかなと。メールにしてもWebの記事にしても、リアルタイムなものとは限らない、ってのは見る側は意識しないといけないことか。

#要件に関する連絡の日時の記載は、具体性を持たせるよう、書き手が意識したほうがいいと思うけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://daiworks.asablo.jp/blog/2008/07/05/3610735/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。