補足:ノートブックPCとUMPC2008/01/20 22:01

未来話として現行のデスクトップやノートブックタイプなPC端末は、消えるまでいかなくても縮小してくんじゃないかなぁと思ったり。今はケータイでネット接続している人が増えているとかって話を聞いても、やはり求められているものってのは「どこでもいつでも」だと思うし、やっぱり自分で使うにしても「どこでもいつでも」(付け加えるなら快適に)は理想だなと。

この1~2年のUMPCの動向と、キャリア各社のワイヤレスブロードバンド施策で、ここらへんの未来図みたいなものは見えてくると思うのですが。そういう意味では来年くらいが、キャリアの見直しや端末の買い替えを考える頃合かも。

前にも書きましたけど、自分らが子供のころ、携帯電話のような機器やネットワークは特撮やアニメの世界の話でした。もうしばらくしたら、どこでもリッチなネットワーク体験という、今では映画やアニメの世界の話が現実になってるかも。そういう夢をUMPCと最近のワイヤレスブロードバンドの話は、感じさせてくれる気がするんですけども。

もしかしたら今は携帯電話の普及で、固定回線が縮小だそうですけども、今度は固定のブロードバンド回線が、同じ道をたどる事になるかもしれません。

なんにしてもMacBookAirにしてもdynabookRX1にしても、Let's noteにしても、そこらへんじゃイマイチってことで。薄くて軽いだけのノートPCはいらないんですよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://daiworks.asablo.jp/blog/2008/01/20/2570027/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。