UX90SとVista2006/07/03 22:24

この土日はちょっと旅行に。温泉行って酒飲んできました。がぶがぶ呑んでから露天風呂はちょっとおっかなかったデス。

ということで、TypeU(UX90S)にWindowsVistaを。最初はほぼリカバリしたてのところにアップグレードをかけてみたのですが、ノートン先生など動作しなかったもので、アンインストールを試みたところ、エラーで出来なくなってた為、クリーンインストールでやり直し。んで、入れた直後は、使用メモリ500MB前後で使い物にならない感じでしたので、インデックスサーチなどのサービスを止めたり、いらんモジュールを外したりして、起動直後は使用メモリ370MBくらいまでに。これでもちょっと辛そうですが。

ドライバ類は、リカバリDVDからスティックポインタ、タッチパネル、サウンド、メモステドライブを。スティックポインタは入れないと、何故かプレスセレクトが敏感すぎてとても操作できない状態に。タッチパネルは入れないとキャリブレーション出来ないので、これも使いものにならず、サウンドも標準で入るものでは音が鳴らないし、メモステはそもそも認識しない。

と、まぁこんな感じでとりあえずはWebブラウズくらい出来るほうにしました。使用感はスワップさえおきなきゃ、もしかしたらXPより速い?ってくらい。ただ↑に書いたとおりメモリの空きがややキツめなので、ちょいとなにかを入れるには躊躇するようなところ。HDDは8.36GB使用の19.5GB空き(30GBモデル)。休止状態などはそれなりに動きますが、復帰時に失敗も多々ありますんで、ちょっとまだまともには程遠い感じ。んで、何故かタッチパネルがデバイスマネージャから消えることが多々。再起動のタイミングで復帰したり、使えてたら使えなくなったりとかなり謎な動作を。なんかデバイスマネージャからも消えているとこをみると、もしかしてまたハードがおかしいんじゃ?って疑いたくなりますが…。

なにはともあれ、機能をしぼればなんとか使える感じ。というかXP Homeなみのボリュームならば、おそらくまともに使えると思われ。そうなるとやっぱりHomeBasicあたりを入れてみないとわからん感じだよなぁ。Ultimateだといろいろ入れすぎ。

噂のアイツ2006/07/04 21:07

第3回 内蔵グラフィックスでWindows Aeroは動くのか!?(ITmediaより)

とはいえ、RADEON X800 XTで問題なくWindows Aeroが動作したことから考えて、グラフィックスメモリの容量は256Mバイトでも大丈夫そうだ。

↑前回の記事の時にここまでやってほしかったなぁっと。ドライバ関係が怪しいのに1ベンダーの製品だけで評価するのは、連載記事とは言えちょっと乱暴に感じるわけで。それとうちはAGPのシステムを未だに使っているわけですが、PCI Expressのシステムと比べてどうなのだろう。なんとなくですが、そこらへんもちょっと怪しいのかもしれない気がしないでもなく。

ってなことを考えていると、Core2かAthlon64あたりで一台PCI Express環境を組みたくなるわけで(苦笑。

ウィルコム、夏モデル「W-ZERO3[es]」を発表 (ケータイWatchより)

噂の新モデル。PDAってよりはストレートタイプの電話機よりのデザインってところ。性能的には前機種のWS003Hに近くフラッシュメモリが128MBですが、日本語入力にATOKを搭載しているところとUSBホスト機能搭載がちょっとうらやましいかなと。

用途のすみ分け的にはこちらの直販サイトにもありますが、通話やメールメインならば新機種であるWS007SH、ネット利用やOfficeをはじめとするPDA的な使い方がメインならばWS004SHってところですかね。特に自分は絵を描くからなぁ…デザイン的に惹かれるところはあるものの、自分の用途だとやはりWS004SHを買って正解だったかなと。

とはいえ、W-SIMは既にあるわけで…機種変更の縛りはないわけですから単品で買って、気分で持ち歩くものを変えるってことも出来るんだよな(苦笑。

第202回:ロケーションフリーに強力なライバル出現外出先からテレビが視聴できるアイ・オーの「Slingbox」(BroadBandWatchより)

正直なところ、リビングに設置する製品として、このデザインが受け入れられるかどうかは疑問だが(少なくとも筆者宅の家族には不評だった……)、見た目に反してその実力はなかなかのものだ。

↑形はアレですけども、ロケーションフリーよりも自分の用途に合致してるなぁ。自分がやりたいのは、リアルタイムなテレビの視聴よりもPCに録りだめしたメディアファイルの再生なので。


TypeUリカバリ中。今度はパーティション分けて、VistaとXPを同居させようかと。

原作を知らない楽しみ2006/07/06 20:14

原作にコミックや小説があり、そのアニメ化がありますが、これで原作を知らないで見た場合のほうが、純粋にそのアニメを楽しめそうな気がしないでもなく。

自分なんかもそうですが、原作に思い入れがあればあるほど、そのアニメ化には原作に沿った面白さを期待するわけで、そこにアニメオリジナル展開が入ると「こうじゃないだろ」と違和感を感じたりしてクソミソに言ったりすることもあるわけで(苦笑。

でも最初のその原作のイメージがなかった場合、そのアニメ作品を普通に楽しめたのかも?と。まぁ、原作があろうとなかろうと、そもそもの出来がアレすぎてどうしようもないのは別としても、普通に良作だった場合にはその原作イメージってのはある意味損かもなぁと思ったり。

理想は原作からのファンも、そのアニメから知った人も楽しめるものとは思いますけども、この思い入れによって元からの原作ファンがアニメを楽しめないのであるならば、先にアニメを知ってから原作に興味を持ち、原作も楽しんだ人ってのは二度楽しめたことになるけども、逆にアニメのイメージが強くて原作を楽しめないというパターンもあるわけで…うーん、そこから考えるとどっちも楽しめるというのは、卵が先か鶏が先かって話ってことか。

なんにしても楽しんだもん勝ちな気はしますが。

CD革命入れてみる2006/07/06 20:16

以前書きましたが、DeamonToolsがアドウェア入りになったりとか、よくよく考えたら手持ちでDeamonToolsが使えるイメージを作れるソフトがないとかで、統合的に仮想CD/DVDドライブが作れるソフトを買ったほうがいいかなということで購入>CD革命/Virtual Ver.9

各種プロテクト対応ということで、TypeUにゲーム突っ込んで寝転がりながらやろうって思惑にもピッタリ。イメージ作成はポートリプリケータに接続したDVD-RAMドライブで行うので、他のマシンを利用せずにTypeUだけで完結。で、イメージを一回作れば、そのまま持ち出して仮想ドライブで楽しめるという寸法で。テストでCD必須のプラネタリウムソフト(FirstLight)を入れましたけども、ドライブ右クリックでイメージファイルの入れ替えできるのは便利だなと。

あとはテレビ出力もあるわけで…なぜ持ち歩きに有利なフラッシュメモリ版が出ることを知っていても、なおHDD版を買ったかと…(謎。