昔ばなし~Webページと本への掲載と1999/01/01 00:00

Webページ(http://www.ne.jp/asahi/dai/works/)を始めて数年は、まだ個人のページは少なく、それまでパソコンを用いた、コミュニケーションの主流だった、商用BBSからの移行期のようなものでした。 そのような時期にページを立ち上げたもので、自分のようなところにも、少し雑誌掲載などの話が来たことがあります(今となっては、信じられない話なんですけど^^;)。そのような中、とある企画の案内というか、掲載許可願いが来ました。バナーを集めてそれを本にしたい、そういう話です。 依頼の数が数なだけに、献本などは出来ないという話でしたが、まぁそれも仕方がないだろう、また面白そうな企画でもあったので、とりあえず掲載についてはかまわない旨を伝えました。

出版されたという話を聞き、会社の帰りにどんな感じで載っているのか確認し、よさげなら買おうと思い、店頭で自分のものを探してみました。 載ってません。何回か確認してみましたが、どこにも載っていません。また何人の方、それも知っている方の絵が掲載されていたのですが、どうもトリミングして載っています。 家に帰ってから、企画元の方に問合せしました。 企画者の言い訳として、記憶にあるところだと、たしか編集プロダクションとの連絡ミスや、自分の管理ミスで漏れたなどの話をしていたと思います。そして今後は、掲載して欲しい人は、登録フォームを用意するので、自分で登録してくれ、とか。 トリミングに関しては、絵が載っていた方に聞いてみたところ、やはり一切そういう話はなかったとか。

今にして思えば、管理ミスで掲載漏れ、ということは非常に怪しいことに思えます。レイアウトを作り、ページ数などの調整をしたところ、おそらく集めすぎということに後で気がつき、後で謝ればいいやと見切って作ったのではないか…そうとも思えます。絵を勝手にトリミングなど加工をしたことといい、そのような姿勢があったのではないか…そしてバナー掲載許可を取った人ならば買うだろう、そのぶんも売上が望めると考えて作ったのではないか…そう邪推に。

結局のところ、この企画者にとっては、WebにあったバナーやCG作品は、ただの本を作る素材に過ぎなかったのではないかなぁ、とそう自分は思った次第。